2021年 橋梁と基礎 定価 1,650円(10%税込) 8月号のみ 定価 3,850円(10%税込)

       送料は1冊(重量計算) 121円〜215円 数冊で1Kg超えますと宅配便になります       
目次を閲覧するには表紙の写真を押してください    
購読お申込みへ
          
4月号     橋の設計をやってみませんか?
国道325号 新阿蘇大橋の設計と施工
グラビアカラー 柳島高架橋
種々な工期短縮策を講じた多径間波形鋼板ウェブ橋の設計・施工
桁重量約1,500tの開床式PRC単純ランガー桁の横取り架設
グラビアカラー 名古屋高速1号楠線新川中橋
名古屋高速1号楠線 新川中橋工区の床版補修工事
塩害を受ける剛性防護柵のコンクリートかぶりに対する耐久性評価
 

3月号     特集 東日本大震災から10年 復興のあゆみ
震災・復興10年 進もう!次の東北へ
東北中央自動車道 伊達大橋の施工
東日本大震災から10年 復興のあゆみ
復興の10年間から考えた これからの地域づくり
復興道路・復興支援道路の建設
岩手県の復興道路等の整備状況と取組み事例
地域公共交通の復興 ─ 鉄道橋の復旧,改良を中心に ─
東日本大震災から10年 ─ 高速道路の復興の取組み ─
 

2月号     特集 鋼橋の強靱化・長寿命化に向けた取組み 
新材料による橋梁の補修・補強
国登録有形文化財「森村橋」の復原工事
特集趣旨 鋼橋の強靱化・長寿命化に向けた研究の取組み
鋼道路橋のLoad Ratingの検討
実物試験橋を用いた鋼道路橋の高耐久性と強靱化技術の研究
鋼橋の維持管理・景観性を向上させるための取組みとその紹介
鋼橋の保全工事における留意点
西日本豪雨により流出した鋼鉄道橋の15カ月での復旧
 

1月号     1 道路行政の取組みについて
2 橋梁老朽化の問題
3 技術者として受け継いでいきたいもの
4 民営化16年目にあたって
5 新しい時代に向けて「技術力の向上と未来を支える人材育成で持続的な成長へ」
6 変われるか,現場の働き方
7 橋梁技術による国際社会への貢献