これならわかる道路橋の点検


これならわかる道路橋の点検

(一財)首都高速道路技術センター 編
2015年12月発行 B5判 304ページ
本体\3,500+税

株式会社 建設図書
ISBN:978-4-87459-218-2
※お近くの書店でも注文していただければご購入いただけます

購読お申込みへ


    本書は,道路橋の「点検」について,点検を初めて行う人,
  点検について学ぼうと考えている人々にすぐに役立つよう,
  点検の事前調査から点検結果の記録まで,ステップごとに
  わかりやすく解説してあります.
    また,すでに道路橋の点検を行っている技術者のために,
  付属物を含め損傷の実例を豊富に掲載するとともに,点検
  に必要な橋の知識,非破壊検査,モニタリングに至るまで
  詳しく解説してあります

   

主要目次
はじめに

1.道路橋点検の義務化
  1.1 道路橋点検の義務化とは
  (1)背景
  (2)「義務化」の骨子
  (3)確実な実施に向けて
  1.2 道路管理の現状と道路管理者のあり方
  (1)わが国の道路管理の実態
  (2)管理を怠ったため荒廃した構造物:米国道路と英国鉄道の例
  (3)道路管理者のあり方
  1.3 橋梁点検技術者に関する課題:育成と自己啓発
  (1)橋梁点検技術の現状と課題
  (2)点検技術者の育成
  (3)点検技術者の自己啓発
 
  2.橋梁(橋)の形と機能
  2.1 総論
  (1)橋梁の基本的な構成
  (2)橋梁の部材
  (3)主構造の形状による分類
  (4)桁の支え方による分類
  (5)路面の位置による分類
  2.2 鋼橋
  (1)鋼橋の主部材とその役割
  (2)T桁橋
  (3)箱桁橋
  (4)トラス橋
  (5)アーチ橋
  (6)ラーメン橋
  (7)吊橋・斜張橋
  (8)鋼床版
  (9)鋼・コンクリート合成床版
  (10)鋼製橋脚
  2.3 コンクリート橋
  (1)コンクリート橋の部材
  (2)床版橋
  (3)T桁橋
  (4)箱桁橋
  (5)連結桁橋
  (6)その他の橋
  2.4 コンクリート床版
  (1)鉄筋コンクリート床版
  (2)PC床版
  (3)PC合成床版
  2.5 下部工
  (1)橋台
  (2)橋脚
  (3)基礎
  (4)アンカーフレーム
  2.6 付属物
  (1)伸縮装置
  (2)支承
  (3)落橋防止システム
  (4)排水装置
  2.7 その他
  (1)橋面舗装
  (2)高欄・防護柵
  (3)道路照明
  (4)道路標識
  (5)遮音壁(防音壁)
     コラム 点検は何のため,誰のため?
 
  3.点検の基本
  3.1 点検の種類と内容
  (1)各種点検の概要
  (2)異常時点検
  (3)詳細調査
  (4)追跡調査
  (5)健全度診断・判定
  3.2 書類調査と点検計画策定
  (1)書類調査
  (2)現地踏査
  (3)点検計画の策定
  3.3 点検用装備とその準備
  (1)個人装着用具
  (2)点検用機材・器具
  3.4 点検時の安全・衛生対策の徹底と点検前の確認
  (1)墜落・落下対策
  (2)酸素欠乏災害防止対策
  (3)強風時対策
  (4)健康・衛生対策
  3.5 点検結果の記録
  (1)記録
  (2)橋梁の点検調書(「道路橋定期点検要領」による点検結果等記入様式)
  (3)記録の留意点
  (4)写真,スケッチの留意点
  3.6 点検に関わる資格
  (1)国が認定した点検に関する民間資格
  (2)非破壊検査に関する資格
     コラム 点検・診断はインフラの健康診断
 
 

 

4.鋼橋の点検
  4.1 鋼橋に発生する損傷の種類と点検
  (1)防食機能の劣化
  (2)腐食
  (3)疲労亀裂
  (4)ゆるみ,破断
  4.2 腐食点検時の着目点
  (1)腐食
  (2)腐食の着目点
  (3)腐食の評価と診断
  4.3 疲労亀裂点検時の着目点
  (1)疲労亀裂点検の重要性
  (2)疲労亀裂の発生箇所
  (3)疲労亀裂が発生しやすい橋梁
  (4)疲労亀裂の着目点
  (5)疲労亀裂の記録
  (6)疲労亀裂の評価と診断
  4.4 構造形式別事例と点検時の着目点(疲労亀裂)
  (1)T桁
  (2)箱桁
  (3)鋼床版
  (4)トラス桁
     コラム 技術者のリダンダンシー
5.コンクリート橋の点検
5.1 コンクリート橋に発生する損傷の種類と点検
(1)ひび割れ
(2)鉄筋・シースの露出,発錆・腐食,錆汁
(3)浮き・はく離
(4)漏水・遊離石灰
(5)抜け落ち
(6)PC鋼材定着部の異常
(7)凍害
(8)たわみ・変形・異常振動
(9)空洞(内部欠陥),コールドジョイント
(10)汚れ・変色
5.2 構造形式別損傷事例と点検時の着目点
(1)PCプレテン床版橋,PCプレテン中空床版橋
(2)PCプレテンT桁橋,PCポステンT桁橋
(3)PCポステン合成桁橋,PCコンポ橋
(4)PCポステン中空床版橋,鉄筋コンクリート中空床版橋
(5)PCポステン箱桁橋,鉄筋コンクリート箱桁橋,有ヒンジラーメン橋
(6)連結PC桁橋
5.3 コンクリート床版の点検
(1)鉄筋コンクリート床版
(2)PC床版
   コラム 点検は誰にでもできるのか?

6.下部構造の点検
6.1 下部構造に発生する損傷と点検
(1)コンクリート橋台,橋脚
(2)鋼製橋脚
(3)基礎
6.2 下部構造部位別損傷事例と点検時の着目点
(1)コンクリート橋台
(2)コンクリート橋脚
(3)鋼製T形およびL形などの橋脚
(4)基礎
   コラム カメラの進歩
   それは点検の進歩でもあった

7.付属物の点検
7.1 伸縮装置
(1)点検時の着目点(路面上)
(2)点検時の着目点(路面下)
7.2 支承
(1)鋼製支承点検時の着目点
(2)支承の腐食
(3)支承の破損
(4)ゴム支承点検時の着目点
7.3 落橋防止システム
(1)損傷・劣化
(2)落橋防止システム点検時の着目点
7.4 排水装置
7.5 その他の付属物
(1)橋面舗装
(2)高欄
(3)防護柵
(4)道路照明
(5)道路標識
(6)遮音壁
(7)桁カバー
(8)その他
   コラム 生活の中の点検,首都高の点検,
   日本のインフラの点検

8.機器を用いた点検
8.1 鋼橋(鋼部材)の非破壊検査
(1)磁粉探傷試験
(2)超音波探傷試験
8.2 コンクリート橋(コンクリート部材)の非破壊検査,微破壊検査
(1)コンクリート圧縮強度推定調査
(2)塩化物イオンおよび中性化深さ調査
(3)アルカリシリカ反応(ASR)の詳細調査
(4)コンクリート中の鋼材位置調査
(5)プレストレス調査
(6)グラウトに関する調査
8.3 道路橋のモニタリング

9.資料編・索引